複数生徒が、オール⑤達成!!

みなさん、こんにちは。個別指導の理塾です。

 

2学期の通知表が手元にあるはずですが、結果はどうでしたか!?

理塾の生徒は、成績が上がった生徒が多めです。

残念ながら、成績が下がった生徒も少しいるので、全員が上がる教室にしていくのが目標です。

 

そんな中、無敵の称号とも言える「5教科オール⑤」を取ってくれた生徒が、複数います。

基本的に、英数の2科目や英数国の3科目で通塾される生徒さんが多いのですが、テスト前には理社の対策授業を行っています。

テストの過去問対策よりも、テスト前の勉強の進め方について、アドバイスや指導することに力を入れています。

5教科でオール⑤を取ってくれる生徒さんがいる、ということが、5教科の対応ができていることの証拠になれば、教室としても嬉しいです。

 

中でも、中2の1名は「9教科すべてが⑤」という最高の成績を取ってくれました。

もともと、約1年前に、英語が60点代後半、数学が70点代後半でお越しいただいたのですが、ここ最近は90点超えで安定してきています。

この調子で、どんどん自信をつけていってもらいたいものです。

 

さて、12月23日(祝)からは冬期講習です。

朝9時から夜22時まで、ずっと塾長は頑張ります。

塾長も朝から晩まで、文字通り、寝る時間以外は教室で勉強を教えるので、どうか生徒の皆さんも塾長についてきてください。

ちゃんと頑張れば、結果は裏切りません。

そのことを実感できる冬休みになるよう、理塾はこだわっています。

 

※満席のため、冬期講習生は一切募集していません、申しわけありません。

 

満席のため、生徒募集を一時停止します!

理塾です、こんにちは。

本日はお知らせです。


多数のお問い合わせを頂戴した結果、座席が満席になりました。

座席は当初の14席から増設に増設を重ね、40席に増やすなど対応してきましたが、

それを上回るペースで生徒が入塾してくださいました。

冬期講習前なのに誠に申し訳ありませんが、満席のため、生徒募集を一時的に停止します。


 

現在、高3生が合格して卒業した結果、座席の空きが少し出ていますが、体験中(待機中)の方が多数いらっしゃいますので、それ以外の方をお迎えする余裕がありません。

無理に座席を詰め込んだところで、指導する講師の育成が追いつかないため、苦渋の決断ですが、生徒募集を停止することに決めました。

いよいよこれから冬期講習ですが、「冬期講習についても新規募集は一切行ないません」のでご了承ください。

 

この前の中間テストでは、「中学2年生が数学で100点満点を取る」など、ほとんどの生徒さんが「努力した結果、何らかの結果を出すことに成功」しています。

その反響もあってか、ご兄弟や友人の紹介も多々頂戴しておりまして、空いた座席はその方々が入塾されるとすぐに埋まってしまう状況です。

 

もちろん、「より多くの方に満足いただけるよう」考えておりますので、座席については増設予定です。

しかし、あまり詰め込みした結果、教室の雰囲気が変わってしまうことは避けたいので、教室を増設するか等を含めて、念入りに検討中です。

生徒を詰め込むことは簡単ですが、今の「こだわりと質を維持」することを大切にしたいので、簡単に増設したくないこと、ご了承ください。

 

また、講師についても、「センター試験で満点の科目を複数取る」という優秀な講師を2名確保しました。

大変優秀な方々がスタッフに加わってくれましたので、とても心強いのですが、だからこそ質にこだわり、じっくり育てていきたいと考えています。

「頭脳明晰で大変賢い講師」を、「わかりやすく授業し成績を上げる講師」に育成するためには、どんなに頑張っても3ヶ月はかかります。

ですので、来年の春には生徒募集を再開したく考えておりますが、それまでは今しばらくお待ちくださいますよう、お願いします。

 

私どもは、「生徒を増やす」ということには興味がありません。

お預かりしたからには、なんとしても「成績を上げるだけの環境を作り出す」ことにこだわっています。

こだわりの強い塾ですが、お通いいただいている保護者の方からは、概ね信頼をいただけているようです。

この信頼を簡単に崩さないためにも、生徒募集を「一時停止」しますこと、重ねてご了承ください。

 

※ただいま、「将来的に通いたい」という方もいらっしゃいます。

※予約を考えている方でも、「教室見学」や「学習相談」は受け付けておりますので、一度ご相談ください。

※特に、塾長による「苦手分析」は、他塾にお通いの方からも大変好評いただいておりますが、現在は中3生の進路相談で毎日面談が埋まっておりますので、細かなお話はお待ちいただくことが多くなりますこと、ご了承ください。

 

シルバーウィークも毎日開校します!

こんにちは、理塾です。

受験生も、そうでない方も、勉強していますか?

 

特に受験生は、最後の追い込みの時期です。

高校受験生は2学期の頑張りで志望校が決定するので、9月10月11月の頑張りが大切です。

大学受験生は推薦入試を控える今の時期が、本当の意味での詰めの時期です。

 

大切な時期ですが、面白いもので、「シルバーウィーク」という連休がやってきます。

こういう誘惑があると、(言葉は悪いですが)意志の弱い子供から順に落ちていってくれますから、努力することができる子供はちゃんと報われます。

いろいろなご予定も多い時期ですが、そもそも学力差とは、普段の努力量の差で生まれるものです。

「連休だから遊びたい」と出かけたがる子供もいれば、「連休こそ勉強だ」と励む子供もいるでしょう。

しんどい時でも弱音を吐かない子供もいれば、すぐに言い訳してダラける子供もいるでしょう。

この姿勢が受験の合否に直結します。

そして、こういった姿勢は、大人になって社会に出ても基本的に変わることはありません。

 

そもそも、連休に勉強していない子供に「受験生」と名乗る資格はありません。

そして、連休に休校する塾に「受験生を応援している」と名乗る資格はありません。

どちらも、受験生に一番大切な「連休も学習するべきだ」という意識が欠如しているからです。

 

理塾は、受験生に対しては「熱心に『勉強しなさい』と指導する塾」です。

「テストで1点でも多くアップさせること」よりも、「普段から1分でも多く努力すること」を大切にして指導している塾です。

なぜなら、学生時代こそ地道な努力する姿勢を鍛える最高の場所ですし、これこそ誰からも奪われることのない人生の最高の宝物になると信じているからです。

だからこそ、夏休みはお盆も毎日休まず授業をしましたし、当然ながらこのシルバーウィークも全て開校しています。

受験生に「毎日努力しなさい」と言っているのですから、連休でも毎日開校して当然です。

連休に、毎日塾に来て8時間ほど勉強するのは、受験生なら当たり前です。

そう聞いて「へぇ、すごいな」と思われるなら、理塾の生徒には残念ながら負けます。努力が足りていない者が負けるのは当たり前だからです。

13時から来塾して22時まで勉強する生徒を理塾は育てていますが、彼らは必ず社会に出ても役立つ人材だと言えます。

 

連休に、「ウチの子供は遊んでばかりで勉強しない」とお嘆きの保護者の皆さん。

まずは、「家庭で集中できる環境が作れているか」と「連休でも学習場所を提供している責任感のある塾か」を再検討されることをオススメします。

自宅と塾の両方で学習環境が整っていないのなら、子供が学習しないの仕方のないことです。

そういった場合は、家庭か塾、もしくはその両方で、学習環境を整えることが先決です。

お一人で悩む必要はありません。お困りなら、理塾へお電話ください。話だけでも伺います。

塾長の一日を公開!!

こんにちは、理塾です。

今日は、塾長の一日を公開します。


朝8時:開校

掃除

教室の掃除をして、授業準備をします。

水遣り

たくさんの方からいろいろな観葉植物を頂戴したので、水やりをするのも日課です。

小学生達よ、塾に来るのが楽しいのはわかるけど、あまり早く来すぎないで下さい!

「せんせー、昨日はプール行ったよ!」とか教えてくれるのは嬉しいけど、授業準備が進まないよ(笑)


朝9時:授業開始

朝小学生

ガチャガチャ

午前は、中高生は部活をしていることもあって、小学生が多め。

朝から元気いっぱいな彼ら・・・、相手をすると元気がもらえます。

小学生の彼らは、帰りにガチャガチャをして帰るのを楽しみにして、授業を頑張ってくれます。

たまに、調子に乗った生徒の指導で叱ったりして疲れることもありますけれども。。。


朝11時:進路指導

昼中学生

受験生は午前中から来塾して、そのまま夕方から夜まで勉強します。

理科や社会などの暗記科目の学習が進んでいるかチェックしたり、勉強の悩みを聞いたりします。

たまに間違った勉強の進め方をしている生徒がいますので、随時アドバイスして効率の良い学習をサポートしています。


昼13時:ジュースの調達

やまや

理塾はジュースが無料で飲み放題。

夏になると、子供達の喉を潤すためのジュースの消費量は、正直ビビりますよ。

多い日では、1日に6リットルくらいジュースが消費しますからね・・・!

まるで、大家族のようです。

お金はかかりますが、これで成績が上がるなら安いもんです。

生徒も、一息いれてリフレッシュになりますしね!!

(講師もジュース飲み放題なので、休憩時間に生徒とジュース片手に歓談することもあります)


夕方15時:来客対応や面談

公的取材

お昼からは、学校の先生やお母さんとお話しすることが多いです。

この日はたまたま、「奈良県のインタビュー」を受けました。

委託事業で、奈良県で起業した成功事例の話を聞いて、若手を育てる公的産業セミナーの題材にするんだとか。

ウチのような事例が奈良県の産業振興に役立つなんて、有難いやら、恐れ多いやら。。。


夕方17時:家庭連絡

電話

お母さんが夕食を作り始める時間(お忙しい時間ですが、在宅率が高いので・・・)に、家庭連絡。

時間の合間合間をぬって、気になる生徒宅に電話します。

全ての家庭にお電話できるわけではありませんが、定期的に授業の進捗状況や、問題点などの共有をしています。

(汗をかいたので、夕方にボディシートで身体を拭いて着替えました!リフレッシュ!!)


夜18時:お出迎え

出迎え

生徒さんをお出迎えします。

気持ちの良い挨拶で迎えるようにしたいので、元気に「こんにちは!」と挨拶しています。

授業準備が忙しかったり、保護者の方とお話していると、余裕を持ってお出迎えできない日もありますが・・・。


夜19時:授業

夕方授業

部活を終えてやって来た中高生に授業をします。

理塾は、塾長以下全てのスタッフが授業に入ります。塾長は熱く語る(「少々くどい」という説も・・・笑)授業でどんどん指導しますよ!


夜22時:お見送り

さようなら

1日を勉強で終えた生徒達を見送ります。

理塾は、勉強を頑張るとスタンプが貯まり、お菓子や文房具がもらえます。

ガチャガチャなので、アタリとハズレがあり、どの生徒も喜んでくれます。

(たまに、喜んで熱くなりすぎる高校生や、全然喜ばない冷めた小学生もいますが・・・笑)


夜23時:瞑想

瞑想

考えるのは生徒のことばかり。

「なんでアイツは宿題を半分しかやって来てないねん!」と怒ったり、「あの子は文章題がどうも苦手だが、どうやって克服させるのが良いだろうか」と悩んだり、毎日実施している確認テストを見ては「おぉ、これが解けるようになったか!」と喜んだり、いろいろ考えては対策を練ります。

夏は自由研究のサポートもしているので、そのアイデアをまとめたりしていると、あっという間に夜の帳が・・・


夜26時:帰宅

帰宅

いろいろ生徒のためにやっていると、深夜2時になったりすることもあります。

翌朝も8時から開校準備することを考えると、さすがに疲れますが。

ただ、このように生徒さんのために頑張れる、というのも、ある意味恵まれていて、有難い状態だと思うことが多々あります。

生徒さんがいないと忙しくもなりませんし、忙しいのはそれだけ生徒さんに恵まれているという有難い状態だからです。

生徒や保護者やスタッフに感謝しつつ、一日を終えます。

今日も一日お疲れ様でした。


いかがでしたでしょうか?

全身全霊でぶつかる、熱い塾。いろいろ語らせたら、熱くなる塾長。自称ですが、癒しを担当する教室長。

それが理塾です。

今日も塾長はじめ、元気なスタッフが、毎日生徒さんをお出迎えしています。

一緒に勉強を頑張ろう!!

お盆も毎日開校しています!!

こんにちは、理塾です。

夏真っ盛りで毎日暑いですが、勉強頑張っていますか?

 

理塾では当たり前のことなのですが、他塾から転塾された保護者の方に驚かれることがあります。

それは、「お盆も毎日塾が開校しているんですか?」ということ。

もちろん「毎日朝9時から夜22時まで開校しています」とお返事しています。

 

受験生は、お盆だろうが、祝日だろうが、1日だって勉強を欠かすわけにはいきません。

理塾は、授業も含めて「学習習慣をつけることを優先する塾」なので、「理塾の教室で勉強する」という生徒さんがたくさんいます。

ですから、お盆に教室があいていないと、それだけ学習環境が保てなくなります。

 

ところがどっこい、同じように「毎日勉強頑張れ」「毎日でも自習に来なさい」という塾はたくさんありますが、「お盆は数日休みます」という塾ばかりです。

理塾は、「お盆も朝から晩まで毎日開校している」塾です。

 

「お盆に開校する」というのは、「塾長である私のお盆休みがない」ということです。

毎日、朝8時から開校の準備をして、帰るのは日が変わってからですから、それこそ寝る時間以外は塾で生徒の相手をしています。

朝から小学生の授業をして、午後から受験生の進路指導をして、夕方は気になる生徒の家庭に連絡をして、夜は中高生の授業を毎日しています。

合間合間の時間では、「授業内容をちゃんと理解できなかった生徒」に対して、どのように克服していくかの構築をしますので、教室にいる間はほとんど休憩らしい休憩も取れません。

さすがに、疲れないというと嘘になりますし、本当に疲れた時には駐車場の自分の車で一時間ほど仮眠を取って復帰することもあります(教室で休憩すると、その雰囲気が生徒に伝わって、生徒がダラけてしまうため)。

ただ、こちらがこれだけ真剣にぶつかると、生徒達にもこちらの気持ちが通じるようで、8時間なり12時間なり、ずっと教室で頑張る生徒が多いので、こちらも疲れてなどいられない、というのが正直なところです。

自分で言うのもなんですが、こういう教室運営は熱意がないとできません。

そして、橿原の八木周辺の学習塾で、「お盆も生徒達のために、毎日開校してやろうじゃないか!」という熱意と気概を持った塾は、理塾以外には残念ながらなかなか見当たらないようです。

「お盆は休みだから、その分だけ宿題を多く出しておくね」と言って、普通に休んでいる塾のなんと多いことか!!

 

理塾は、しっかりした理念と、はっきりしたこだわりを持った塾です。

ですので、誰にでも合うわけではありませんが、喜んでいただけている方が多いように感じています。

 

ぜひ、理塾で勉強してください。

お盆だろうが祝日だろうが、理塾の先生は毎日生徒さん達を迎える状態にありますよ!!

 

※おことわり

昨年もでしたが、今年も「他塾に通っているが、その塾がお盆に休校するので、お盆の間だけ『理塾の自習席を利用したい』という相談」を多く頂戴します。

申し訳ありませんが、こういう部分(お盆に生徒を預かる責任感がある塾かどうか)も含めて、塾選びをなさってください、としか申し上げられません。

「家では勉強できないので・・・」とおっしゃる保護者の方のお気持ちはとてもよくわかりますし、事実そうでありお盆でライバルとの学力差がついてしまうだろう・・と察するのですが、塾生以外は教室利用はできません。

毎日朝から晩まで開校するのは簡単ではありませんが、それでも理塾を信じてついてきてくれる生徒さんのために開校しております。

このような事情を踏まえ、理塾の生徒さんでない場合は全てお断りしておりますので、悪しからずご了承ください。

最近の教室の様子

こんにちは、理塾です。

期末テストの時期です。


テスト前なので、当然、塾生は頑張ります。

理塾には、学習意欲を高める環境があるからです。

いろいろ述べるよりも、実際の様子を写真で見てもらう方が説得力がありますよね。

まずは、テスト勉強期間中の教室の様子を少しご案内しますね。


全員が黙々と学習机に向かっています。

ちなみに、これは6月28日(日曜日)に実施した定期テスト対策イベントの様子です。

CIMG1649

ちなみに、この生徒達は、どのくらい勉強していると思いますか?

1時間?2時間?

正解は・・・「8時間」です。

普段、家では学習が進まない中高生であっても、「8時間」勉強できる環境が理塾にはあります。


高校生はさすがの集中力です。

飲み物と食事は無料提供していますが、高校生は8時間のうち、休憩は20分程度だと思います。

あとは、延々と学習。ひたすら学習。

CIMG1645

静かな環境で黙々と学習できます。

うるさい生徒はいません(従わない場合は退塾になります)。

ピアスや茶髪など、学習に不向きな生徒もいません(入塾拒否しています)。

生徒さんや保護者の方は、理塾を信頼してくださる方ばかり。

そして理塾側も、信頼関係を築ける生徒さんや保護者の方に限り、通塾いただいています。


授業を受けて、すぐに成績が上がるほど、勉強って甘いものではありません。

だからこそ、愚直かも知れませんが、理塾は「ひたむきな努力」を養成することを重視しています。

そして、理塾には、頑張って机に向かう生徒が多いです。

そして、(勉強に限らず)努力は嘘をつきません。

このような理念がありますので、「あまり通塾できないので、効率よくテストによく出るポイントだけを教えて欲しい」という方は、あまり向いていないと思います。

むしろ、「やるべきことに対して、やるべき時は黙々とやる力をつけて欲しい」という方は向いています。


7月から塾で勉強されるなら、ぜひ理塾で頑張りましょう。

社会人に なっても通用する「努力」を養成する塾で、ひたむきに学習しましょう!

夏期講習生(8回無料)、募集します!

こんにちは、理塾です。

今回は、夏期講習のご案内です。

 


<キャンペーン内容>

理塾の夏期講習では、8回分の授業料が無料です。

無料から始められる理塾で頑張ろう!!

※理塾だけのお得なキャンペーンです。早めにお申込ください。


 

夏休みは、大きく学力を変えられる時期です。

何もしなければ、自分の実力は変わらないものの、周囲に比べて学力は低下します。

しっかり計画的に取り組むことができれば、秋以降に成果は出るでしょう。

理塾では、「成績が上がった!」「学習時間が明らかに増えた!」「ウチの子供が集中してるんですか!?」という声をたくさんいただいています。

ぜひ、無料の夏期講習(なんと8回)から始められる理塾で、学習のお手伝いをさせてください。

 

中3生や高3生など、受験生にとっては、最後の学力アップの機会です。

志望校の選定は冬休みまでに終えてしまうことがほとんどなので、夏休みが終わった時点の学力で、志望校が決まってしまいます。

悔いのないよう、学力アップに努めましょう。

理塾では、まず何よりも「机に向かう時間」が増えます。なぜなら、「わかりやすい授業」だけではなく、「机に向かう学習習慣をつけること」を大切にして、指導をしているからです。

今まで部活で「あまり勉強ができなかった」という生徒さんの場合、「勉強しよう」と思っても、何をどうやって学習を進めれば戸惑うことも少なくありません。

その点、理塾では、「この時期にはこの学習を進めなさい」「国語はまず、このテキストのこの内容から学習しなさい」など、スケジュールに基づいた「勉強の進め方」も指導します。

この夏から「しっかり頑張ろう!」と心に決めている方にはピッタリの塾です。

 

中1生や中2生は、苦手科目をとにかく克服しましょう。

苦手なものは、誰しも取り組みたくありません。しかし、放っておいた場合、結局受験の時になって後悔します。

そうならないよう、理塾で頑張りましょう。

理塾なら、「どうすれば苦手がなくなるのか」について、しっかり分析します。そのうえで、「まずはコレから取り組みましょう」という内容を伝え、指導していきます。

いきなり何でもかんでも頑張れというわけではなく、できることを少しずつ増やしていく方針なので、無理なく始められます。

 

高1生や高2生は、とにかく得意分野を増やしましょう。

理塾なら、進路相談をしたうえで、「どの科目」を「どのテキスト」を用いて「いつどうやって」進めていくか、についてもアドバイスしたうえで授業をします。

受験までにやるべきことを可視化したうえで取り組むので、部活などとの両立もしやすくなっています。

 

どの学年であっても、「頑張れば頑張っただけ、成果が出て、将来の夢に近づくことができる」夏休みです。

そして、残酷ですが、「怠ければ怠けただけ、周囲との差が広がり、将来の夢から遠ざかる」夏休みです。

 

ぜひ理塾で、学習のお手伝いをさせてください。

夏期講習キャンペーンについては、教室(0744-24-1915)までお訊ねください。

通塾生の成果について(中学生編)

こんにちは、理塾です。

今回は、通塾生の成果についてご案内します。

 


<中学生の例>

1月から理塾に通ってくれている中2生です。

通う前の2学期期末テストの結果は、

英語:37点 ※英語が苦手です

数学:76点 ※数学が得意です

国語:53点

理科:53点

社会:56点

合計:275点 ※クラスの真ん中くらいです

でした。


 

これが、3学期期末テストの結果になると、

英語:34点(-3点) ※依然、苦戦しています

数学:72点(+4点)

国語:72点(+19点) ※大きく伸びました

理科:73点(+20点) ※大きく伸びました

社会:50点(+6点)

合計:301点(+26点) ※300点台に乗りました

でした。


さらに、直近の1学期中間テストの結果になると、

英語:78点(+44点) ※苦戦していましたが、大きく伸びました

数学:82点(+10点) ※さらに伸びています

国語:83点(+11点) ※さらに伸びています

理科:88点(+15点) ※さらに伸びています

社会:42点(-8点)  ※苦戦しています

合計:373点(+72点) ※クラスでも上位グループに入ってきました

と、伸びてきました。


 

半年ほどの通塾ですが、6ヶ月まえに比べて、5教科で約100点も上昇したことになります。

志望校も、「香芝が妥当かな」と言われていたところが、「桜井」どころか、「橿原が妥当」というところまで伸びてきました。

社会が足を引っ張っていますが、社会の得点を伸ばすための分析と対策も、教室では作成済。

次回のテストで70点以上を取ることは難しくないだけの学習支援をしていますので、400点を超えるのはさほど難しくない状態となりました。

 

この生徒は特に顕著な例ですが、理塾には成績が上がっている生徒がたくさんいます。

また、成績が上がっていない生徒もいますが、その原因ははっきり把握できています。そして改善するための提案も欠かさず行なっています。

ぜひ、夏休みから理塾で学習を始めましょう!!

通塾生の成果について(高校生編)

こんにちは、理塾です。

今回は、通塾している高校生が、どのような成果を挙げているかの実例を紹介します。

 

まず、理塾の指導方針として、「高校合格はゴールではなく、高等教育のスタート」と位置付け、高校進学後の学習についても熱心にサポートしています。

高校教員免許を持つスタッフも複数おり、高校進学後の指導もバッチリです。

 

この春、見事に橿原高校に合格してくれた生徒さんの実例ですが、春休みの段階から「クラスで1番を取るつもりで頑張れ」と指導を進めました。

その結果、入学直後に実施されたベネッセ模試で「4位/360人中」という順位をマーク。

先日の中間テストでも、「10教科の平均点が85.3点でクラス2位」となり、上位スタートが確定しました。

さらに嬉しいことに、この生徒は「今の順位から落としたくない」と、ある程度の危機感を抱いているため、気を抜くことなく毎日学習を続けてくれています。

 

このような生徒が、成績を落としていくわけはありません。

先のことはわかりませんが、このまま順当にいけば、「滑り止めとして関関同立を押さえたうえで、本命は大阪市立大」というのも難しくないと考えられます。高田高校どころか、畝傍高校でも十分通用する学力水準です。

 

高校生活が始まったばかりですが、このような輝かしいスタートを切れたことが嬉しい限り。

多感な高校時代を、「成功体験の3年間」とするか「失敗体験の3年間」にするかは大きな差ですが、良い状態の高校生活は半ば約束されたようなものだと感じています。

周囲には、同じような学力で受験して入学したはずなのに、春休みや4月5月に遊んでしまったばっかりに欠点を取ってしまい、暗黒のスタートを切ってしまった生徒さんも少なくない中、理塾の1期生がこのような快挙をだしてくれて、「我々の指導方針は間違っていなかったんだ」と嬉しく思います。

 

夏休みから実力アップするなら、ぜひ理塾で頑張りましょう!!

座席を増設しました!!

こんにちは、理塾です。

今まで通い慣れた教室の雰囲気が変わりました!!

そう、座席を増設したのです。

 

CIMG1626

(ドーン!と増やしました。整然としていて、ゴチャゴチャ感はありません!)

 

もともと、定期テストの前は座席が混み合う傾向があったのですが、今の調子では「どう考えても期末テストの時期に座席が足りなくなる」と判断しました。

以前にも座席が足りなくなることがあったので、5席ほど追加したことがありましたが、今回は大増設で合計40席となりました。ゴチャゴチャ感はなく、整然と机を並べました。まるで学校みたいです。

これだけの規模になったのも、理塾を信じてついてきてくれている、生徒さんや保護者の皆様のおかげです。寄せられる期待に添えるよう、さらに頑張っていこうと思います。

 

さてさて、座席を足すことで教室が窮屈な感じになったりしないよう、レイアウトと内装を一新。

座席の周囲空間のスペースは1ミリ単位(ここらへんが、理系です)で計測して、学習する際に違和感を感じないように以前の広さを維持しつつ、教室備品を再配置して、座席を増やしました。

実際に、スタッフが座って学習スペースの広さを確認したうえで、全体のレイアウトを決めました。

 

CIMG1631

(高校生用の自習席はライト付。4時間以上頑張る生徒がいるからこその配慮です)

 

しかも、高校席(理塾の座席は、高校生は専用の自習席が用意されています)には、ライトをつけました。

高校生は、頑張る生徒だと1日に10時間程度、普通の生徒でも1日に4時間ほど勉強を頑張ってくれますが、黙々と学習を進めていると、やはり目が疲れます。

明るくすることで、どれだけ疲れ目が減るかはわかりませんが、少しでも応援したいという気持ちから、特別にライトを設置しました。

 

理塾は、1点の得点アップより、1分でも机に向かう学習習慣を養う塾です。

なぜなら、それこそが進学しても、そして就職しても、役立つチカラだと確信しているからです。

 

理塾の教室を見学される方は、「生徒さんが随分頑張って勉強していますね」と感心しながらおっしゃいますが、「その生徒は、実は4時間前からその席で学習していますよ」と言うと、本当に驚かれます。

「塾に来て3時間でも4時間でも勉強」というと、驚かれる方も多いのですが、やってる人間からすれば当たり前のことです。そして、やってみると意外に簡単で、誰にでもできることです。

 

ただ、「このくらいは勉強を続けることができる」という水準は、人によって大きく異なります。

残念ながら、1時間で集中力が切れてしまう子は、1時間以上集中できる子には、努力の世界では勝てません。

そして、受験で名声を掴むのは、それなりの努力をしてきた子です。

部活だって同じで、評価をされるのは、評価されるだけの練習を積んだ子です。

 

世の中で必要とされるのは努力する姿勢であり、自分のやるべきことに対して逃げることなく怠けることなく向かい合うことのはずです。

当たり前のことですよね。

当たり前のことですが、なかなか続けるのが難しい。

 

理塾には、黙々とやるべきことに向かい合う生徒が多いです。

やるべきことをやれば、自ずと結果(得点や合格)はついてきます。

ぜひ一緒に理塾で頑張りましょう!!

お問い合わせは、教室(0744-24-1915)まで。