講師紹介

偏差値が70以上の講師陣

理塾だけではなく、どこの個別指導塾でもそうですが、大学生講師が中心となって指導にあたります。

ただ、個別指導塾の大半は、「教える学力のない大学生講師」が混じっているのをご存知でしょうか。

 

例えば、指導する講師って、どんな大学出身だと思われますか?

京大や阪大や神戸大などの一流国立大なら、「文句なし」。

大阪市大や大阪教育大などの国公立大や、関関同立なら、「まぁ十分」。

産近甲龍なら、「高校生の指導は大丈夫?」と思われる方が多いと思います。

 

しかし、残念ながらほとんどの個別指導塾では、産近甲龍クラスでも高校生を担当します。それから、もっともっとレベルの低い大学生が複数混じります。短大生すら、採用している塾もあります。

教えるというのは人柄なども大事ですが、やっぱりまずは学力です。自分が知らなかったり理解していないことを教えるのは不可能だからです。それなのに、産近甲龍にも合格できなかった大学生が普通に指導するのが、よくある個別指導塾です。

学力と指導力を問われる学習塾として、いくらなんでも、さすがに、無理がありすぎる。

塾長は、そんな無茶苦茶な現場をたくさん見てきました。

 

ですから、理塾は「メイン講師は原則として、塾長か医大生」でやっています。

時折、サブの講師にも手伝ってもらっていますが、そのサブ講師ですら、「もともと理塾生として、畝傍高校に通っていた」という顔ぶれです。中学校の時はオール5を取って畝傍高校に進学した学生ですら、理塾ではメイン講師ではありません。

理塾には、奈良高校や畝傍高校や平城高校や高田高校の生徒もたくさん通ってくれていますが、彼らが「自分たちの学力だと、講師ができると思えない」と、少々ビビるくらい、理塾の講師陣は頭が良い集団なのです。

 

メイン講師は医大生ですから、数学や理科は満点を取って、当たり前。

さらには、「奈良県立医大の首席合格者」も、なんと複数在籍しています。

「センター英語が満点」だった猛者もいます。

理塾は、そんな学力の講師ばかりなのです。

 

こんな感じですから、八木周辺の学習塾では、「最も偏差値の高い集団」であると自負しています(塾長は国立大の大学院卒ですが、塾長が一番頭が悪いくらいです…)。

 

こういった講師陣に、熱心な指導を受けているので、理塾の生徒は毎年のように「フジイ模試で100点満点」を取り続けているのです。

医大生たちが実際に授業をして、経験豊かなベテラン塾長が、責任を持って進路指導をする。

それが理塾の指導陣であり、我々が大切にしているこだわりです。

 


1000人以上を指導してきたベテラン塾長

大手個別指導塾の奈良グループ会社で、役員として経営に携わっていました。

その大手個別指導塾ではたくさんの生徒さんにお越しいただく幸運に恵まれ、結果的にたくさんの表彰を頂戴しましたが、自分が理想とする学習法や方針と、その大手個別指導塾の重視する方針が異なったことなどもありまして、「なぜ成績が上がらないのかを明らかにしてから学習に取り組む」「家庭学習のアドバイスを含めた保護者へのサポートを徹底する」という新たなスタイルの塾を立ち上げました。それが「理塾」です。

そもそも学習塾というのは「受験生になったからなんとなく通う」というものではなく、「成績を上げるため」や「志望校に合格する学力をつけるため」など、明確な目的を持って通うものです。そして生徒を受け入れる塾側としても、「なんとなく授業内容を教える」のではなく、「どうやればこの生徒の成績を上げることができるのか」を考え実践するなど、明確な方法を持って指導するものです。

最終的には生徒の努力が重要ではあるものの、塾としても「目に見える解決方法」が必要です。ですから理塾は、「どうやって成績を上げていくのか」を構築できるまでは授業料を頂きません。

また、勉強にはやり方があり、そこには公式があります。ですから理塾は、「理塾の勉強の公式」を掲げ、それを実践することで生徒さんと保護者様を引っ張り上げます。

他の学習塾とは一味も二味も違いますが、このホームページをご覧になって少しでも共感していただけるなら、きっとご期待に添えると思います。

ちなみに、学習塾業界の前は、お菓子会社で商品開発をしていました。

どんな客層をターゲットに、どんな味の設計で、いつ商品として売り出すのか・・・などを、毎日考えていました。

小学生向けのお菓子なら、子供が好きそうなデザインであるだけではなく、地面に近い場所に売り場が設定されるので、低い目線の中でも目立つようにしよう、など、考えるところはたくさんあり、楽しかったです。

 


いろいろ頑張ってたので、お菓子の開発の舞台裏は・・・というテーマでテレビ番組でも紹介されたんですよ。

学習塾一本ではない民間の出身なので、就職まで見据えた進路相談ができるのが強みです。

カバヤ食品に就職しましたが、森永製菓さんや伊藤園さん(共に研究職)でも同時に選考を進めていただくなど、就職活動もしっかりしたつもりです(視野を広げたかったので、100社くらい企業研究しました)。

こういった経歴を持っているので、「この学部なら、どんな就職先があって、どんな仕事をするの?」という相談にも、しっかり乗れます。

授業は「中学受験算数」と「理数科目」を中心に担当することが多いです。
一緒に頑張りましょう。