保護者のための勉強ブログ

ここでは、保護者の方に向けた受験進学情報の発信を行なっています。

ブログ一覧

新規生徒:募集再開しています!

こんにちは、理塾です。

今までは、せっかくお問い合わせいただいても、「満席により生徒募集していません」と、お返事することも多かったのですが、一期生である生徒達が大学受験を終えたこともあり、久々に募集対応しています。

先行して「友人紹介」から開始しており、希望される方にはパンフレットをお渡ししていたのですが、どこで募集再開の話を聞かれたのか、友人紹介ではない初見の方からも、「友人紹介ではないが、勉強の仕方を教えて欲しい」と、たくさんの問い合わせを頂戴しています。

いつもであれば、友人紹介を優先させていただいているのですが、今はまだ空席もありますし、お問い合わせを頂戴するというのは、とてもありがたいことですので、すべての方に対応させていただいています。

今回卒業した高3生は15名ほどだったので、それなりに座席に余裕が出たと思っていたのですが、ここ1週間で10件ほどの問い合わせを頂戴しておりますので、今の流れですと、募集をいったん停止させていただくかもしれません。

 

さて。理塾は、必ず無料体験授業を受けていただき、そこで塾長が生徒ごとに指導方針を定めるようにしています。そのうえで、その方針に共感いただけるようでしたら、入塾の手続きに入ります。

このように、即入会はありませんので、気になるようでしたら、早めにお電話を頂戴できれば幸いです。

「努力家を育てる」という一風変わった塾ですが、それなりに地域に根付いて評価をいただけるようになってきたと自負し、また喜んでいます。

これをご覧になっている方とも、ご縁があれば大切にしたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

合格実績

こんにちは、理塾です。勉強頑張ってますか?

今回は、理塾の1期生が大学受験を終えました。中学1年から通ってくれた彼らの合格者数を発表します。

 

慶応義塾大学 1名

関西学院大学 2名

関西大学 4名

大阪薬科大学 1名

近畿大学 4名

龍谷大学 1名

甲南大学 1名

武庫川女子大学 3名

 

他にもありますが、産近甲龍クラス以上の合格者は以上となります。

理塾にはいろんな学力層の生徒が通塾してくれていますが、皆が努力した結果、半数以上の生徒は産近甲龍クラス以上に合格してくれました。

特に印象的だったのは、大阪薬科大に合格してくれた一条高校の女子生徒です。

彼女は文系だったのですが、高2で薬学部の受験を決意し、学校では最後まで文系クラスに所属しながら、学校では授業すらなかった数学Ⅲや化学を塾だけで学習を進めました。

学校ノータッチ、塾だけの力で、文系の生徒を理系学部に合格させたのは初めてではありませんが、本当に苦労したので、とても嬉しい合格となりました。

 

ちなみに、高校受験は、すべての生徒がすべての高校で、回し合格なしの全勝でした。

中学受験部は、細々とやっていますが、ここ3年で「育英西中学校(立命館コース)」「明星中学校」「函館ラサール中学校」に合格させました。どれも、本人にとっての第一志望校に合格させることができたため、保護者の方からは大変喜んでいただいています。

特に、育英西中学校(立命館コース)の生徒は、首席での入学となりました。

我が子が第一志望だった学校に入学し、入学式で生徒総代として挨拶を述べる、というのは、とても誇らしいことですし、受験勉強を頑張っただけでなく最大の親孝行をしているとも感じます。中学入学後も通塾して「ずっと首席を守っていきたい」と言ってくれていますが、他の生徒とは全然異なる、高い視線で過ごす中学校生活は、きっと大きな経験となり子供を成長させることでしょう。

 

さて、来年はどのような受験になるでしょうか。

興味があるようでしたら、理塾までお問い合わせください。

理塾は開校を維持します(コロナ対応)

理塾です。
コロナウイルス対応についてのご連絡です。

学校が一斉休校となる来週以降ですが、理塾は、引き続き開校を続けます。
予防措置を検討した結果、絶対とは言い切れないものの、ある程度の安全性が維持できると塾長が判断したためです。

理塾生の方々は、個別に届いた「コロナウイルス対策メール」を確認してください。
そして、そこに書かれている予防措置を守って、通塾するようにしてください。

皆さんにはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

夏期講習はお盆も休みません!

こんにちは!理塾です。

 

理塾では当たり前のことなんですが、受験生にとって「夏休み」というのは、とても大事な時期です。

もちろん勉強と言う意味で、です。

 

そんな大事な夏休みなので、理塾はお盆も祝日も休みません。

これだけのことで、「理塾は熱意が違う」とよく褒められるのですが、そもそも受験生を預かる以上は、こんなの当たり前だと思っています。

もちろん、授業も進路指導も、それ以上に熱心にやっています。

 

6月から7月にかけて。

この時期は、どこの塾でも夏期講習の提案というものをします。

大手の個別指導塾だと、各教室に「ノルマ」というものが残念ながらありますし、本部に払うロイヤリティなどが上乗せされているので、その影響もあって受験生ともなると、20万とか30万とか40万とか、えげつない講習費を請求されたりします。

 

理塾は、どこの系列にも属さない、塾長ひとりでやっている無名の塾です。

ですので、知名度は全然ありませんが、売り上げなどを一切気にせずに、生徒が「どうすれば合格に持っていけるか」ということだけを考えて、夏期講習の計画を決めます。

無名なのにチラシを一切折り込まない変な塾ですが、逆に言うと広告宣伝費がゼロなので、本当に必要な授業のことだけ考えて、計画を立てることができます。

このような教室なので、夏期講習でも他塾さんほどは高額にならないことがほとんどです。

ただ、入塾時にお願いしていることですが、学習計画や指導方針については、基本的に塾長にお任せいただいております。

 

時たま、「個別なんだから何でもやってくれるだろう」とお考えの方がいらっしゃいます。

理塾は、個別指導を謳っておりますが、「個別にどんな要望にも対応する」という塾ではありません。

生徒ひとりひとりのことを考えて、個別に塾長が一生懸命に指導方針を立てるので、基本的にそれにお任せいただく塾です。

塾長には長年積み上げてきたノウハウがあります。そのノウハウに、保護者の方々の要望という形で変更や修正を加えられてしまうと、持てる力が発揮しにくくなるのです。

 

もちろん、実際に勉強するのは生徒ですから、生徒とは思いっきり相談をします。

彼らの進路について、こちらが勝手に決めることは絶対にありません。

ただ、生徒本人の意思として「こういう目標を目指して頑張りたい」というものを持ち、それに対して理塾が「こういう指導方針でサポートしたい」と考えた時に、保護者の方はあまり細かいつっこみはしないでください、ということです。

どんな進路であっても生徒の意思は尊重してあげて欲しいと思いますし、それを受け止めて一生懸命考えた学習計画なら好意的に受け止めてください。

子供に対して「あなたの進路はどうなのか」と親の考えを押し付けたり、塾に対して「指導方針をこうして欲しい」と仕事をしにくくしたりされる保護者の方は、正直申し上げて子供も塾も信用しておらず幼稚だなと感じますし、塾長は好きではありません。

単なる好き嫌いで申し上げているのではなく、そういう場合は、まず成績が上がりにくくなり、実際に不合格になったり学習計画が途中でおかしいことになったりするので、そういう状態でお子さんをお預かりするのは、好きではないのです。

 

個別指導というと、「集団授業についていけない子が通っている塾」というイメージをお持ちの方もいるでしょう。

実際に、業界全体を見ると、ズバリそうです。

大手進学塾だと、高学力だと集団授業のクラスに編入されますが、低学力だと個別部門がちゃんと存在していて、そこに通わされることがほとんどです。

こういうこともあって、個別と言うと、丁寧さもあるけれど、教室環境としてはあまり良くないイメージをお持ちの方が多い。

 

ただ、理塾は塾長の指導方針が厳しいこともあって、全員が静かに黙々と頑張ります。

来塾するほとんどの方が、「静かすぎてびっくりする」とおっしゃいますが、こういった静かに学習に集中できる環境づくりは、授業以上に大事にしています。

そして、そうやって頑張った結果、個別指導の塾ですが、非常に学力が高い生徒が多いです。

 

たとえば、お預かりしている高校生のベスト3は、高田高校、畝傍高校、橿原高校、の3校です。

ここに奈良高校や平城高校や桜井高校が加わるので、通知表で言えば、④とか⑤の生徒が多い塾だと考えてもらえればいいかと思います。

もちろん、それ以外の生徒もいます。正直に申し上げて、すごく頑張っているんだけれども、なかなか芽が出ない子もいます。

ただ、塾長はそういう頑張り屋さんが、大好きです。結果が伴わないこともありますが、黙々と頑張ろうという姿勢があるのなら、結果が出ないからと言って、否定されるのは好きではありません。ましてや中高生という年齢を考えるのなら、結果が伴わなくても、できる限り頑張ってみようとする姿勢は、それだけで十分評価できることだと思っています。

 

こう言うと、たくさん頑張っても結果が出なかった時の言い訳をしている、と感じられる方も、いらっしゃるかもしれません。

もし、このような塾長の考え方が納得できなかったり、即座に成績が上がることを期待されたりするのであれば、どうぞ他塾さんへお通いください。

指導方針の一貫性と、静かな教室の雰囲気の維持は、絶対に譲ることができないものなので、それに比べればひとりの生徒さんが減ったところで痛手ではありません。

 

そんな理塾は、まずは努力ありきで考えます。

努力もせずに成績を伸ばすことはできませんし、努力を積み重ねることは、成績よりももっともっと大事なことだと信じているからです。

理塾の指導陣は、医大生ばっかりですが、彼らは天才なのではなく、努力家なのです。

こういうったことを理解しているので、頑張る子は、中学1年生なのに、受験生でもないのに、夏休みは毎日12時間近く塾長の指導の下で勉強をします。

そして、大半の生徒は、結果も後からついてきます。

こういった塾なので、高校受験後も、ほとんどの子が、そのまま大学受験を目指して通ってくれます。半分以上の生徒が、授業があるなしに関わらず教室に来て勉強をして、時々は塾長と進路の話や雑談をして、そうやって学生時代を過ごします。

 

もちろん、最初から長時間の集中ができるわけがありません。

なぜ勉強しなければならないのか、などを日々塾長の口から聞いて、そして一緒に教室で過ごす中で、徐々に勉強の体力面がついていくのです。

そういう姿を見て、「わが子もそうであって欲しい」と思われるのであれば、ぜひ理塾へお越しください。

ゴールデンウィークも休まず開校します!

こんにちは。理塾です。

新たな年号も発表されて、今年のゴールデンウィークは10連休となる方も多そうですね。
さすがにこれだけの大型連休になると、どこへ行っても混みそうです。

ちなみに理塾は「努力家を育てる塾」です。
ですので、ゴールデンウィークは通常通り毎日開校します。

さすがに家庭の用事もあるでしょうから、すべて通塾する生徒ばかりではないでしょうが、「連休だから勉強しなくていい」なんて考えは理塾にはありません。
同時に「連休だから塾も休もう」という中途半端な意識も持っていません。

塾長はいつも「受験生はずっと勉強して当たり前」と言い続けています。
ですので、当然のことながら「受験生を指導する以上は、連休なんて関係なく毎日授業する」という考えを持っています。

ブログでいつも書いていることですが、理塾は特別な授業は何一つやっていないのです。
単に、「コツコツと頑張る努力家になる」ために、塾長も生徒も毎日コツコツやっているだけです。

たぶん、今年一番伸びる生徒は、ゴールデンウィークにも関わらず、毎日来塾して勉強を頑張る生徒です。
当たり前ですよね。
周囲の生徒や学習塾が休む中、勉強を頑張るわけですから。

ただ、この積み重ねは、本当に効果が大きい。
どんな物事であっても、まずは量がものを言うのですから、理塾生が伸びるのは当然です。
そして、そういう学習環境が整っているのが理塾です。

基本的にいつも勉強できて、かつ教室はものすごく静か。
ウチで勉強を頑張れないなら、どこへ行っても無駄だと自信を持って言えます。

さて現時点で、多少の座席が空いています。
紹介の方が優先ですが、もし理塾生を志望される方は、お電話ください。