授業内容

授業時間と時間割について

理塾の授業は、1回80分です。
学校の授業が50分程度ということを考えると、少し長いと感じる方もいらっしゃるかも知れません。
実は、80分授業にするのには、次の2つの理由があります。

 *国語の読解問題や英語の長文問題など、じっくり解いてじっくり解説する場合に、80分がちょうど良い
 *塾での80分授業に慣れると、家庭学習する際にも80分単位で集中できるようになる

このような狙いから、80分授業としています。
最初は「長い~!」と言われる生徒さんも多いですが、大人が思う以上に、80分授業に早く慣れてくれます。
また、80分の授業を長く感じさせない工夫も教室では行っていますので、ご安心ください。
※小学生(特に低学年)にとっては80分はさすがに長いので、40分+40分の2教科指導としています

 Aコマ  09時00分~10時20分
 Bコマ  10時30分~11時50分
 Cコマ  12時00分~13時20分
 休憩  (40分)
 Dコマ  14時00分~15時20分
 Eコマ  15時30分~16時50分
 休憩  (40分)
 Fコマ  17時30分~18時50分
 Gコマ  19時00分~20時20分
 Hコマ  20時30分~21時50分

授業内容について

理塾は、「何が原因で成績が伸び悩んでいるのか」を分析し、「どのような学習をすることで苦手を克服していけるのか」について考えながら、授業を進めていきます。

多くの場合、苦手の原因は「前学年の既習範囲の理解不足」です。
勉強はある日突然急にわからなくなるのではなく、徐々にあいまいな理解が続いた結果、全然わからなくなっていくものです。
ですので、一見すると問題なく理解できているような単元であっても早合点して学習プランを作ることはせず、しっかりと分析を重ねます。
このような理由から、苦手を克服する場合は、現学年の範囲だけを学習するのではなく、その基礎や土台となっている前学年の内容から授業を行っていくことがほとんどです。
一見すると時間がかかるように思えますが、無理に現学年の内容だけを授業しても、どんどんわからないところは増えていってしまいますし、根本的解決にはなっていませんので、結果的には戻り学習をした方が効率的で早いことがほとんどです。

生徒さんが「わかった」と感じ、「自分でできる」ようになるまで、しっかり個別に指導します。


授業の振替について

個別指導のいいところは、なんと言っても、自分のスケジュールに塾の授業を合わせることができる点です。
理塾でも、通塾曜日と通塾時間は自由に選択することができます。
前日までに連絡をいただければ、授業の振替をすることも可能ですので、忙しい生徒さんでも無理なく通塾することが可能です。

ただし、「自分の都合に合わせられる」というのも万能ではなく、悪い面ももちろんあります。
例えば、同じ曜日の同じ時間に通塾をし続けてこそ、学習習慣というものは育まれます。たまにならいいのですが、あまりに好き勝手バラバラの通塾では、学習習慣がつきにくくなります。また、次の授業までの期間が一定でないと、宿題を出すの量も不規則になりがちにならざるを得ません。

また、振替する内容についても確認させていただいていますが、どうしてもやむを得ない場合ならば振替制度も利用いただいていますが、あまりに安易な事情で振替をするというのは、塾の授業や勉強に対しての優先度が落ちているということでもあり、成績に対する危険信号です。
一概には言えず、微妙な判断ではあるものの、「前日の部活の試合で疲れたから」程度の理由ならば、振替をお勧めすることはまずなく、基本的にお越しいただいています。